資金調達の種類を公開

ファクタリングのメリット

資金調達にはそれぞれ特徴がある様に、ファクタリングにもメリット・デメリットがあります。まず大きなメリットとして、負債にならない点です。ファクタリングは売掛金を期日まで待たなくても、現金化出来る方法なので借入れをしている訳ではありません。急にまとまった資金が必要になった時にも活用出来るのが最大の強みといえます。

負債にならないと言うのは信用問題に傷がつかないので、事業拡大の時にもメリットとなります。他にも売掛金を確実に回収出来るので未回収リスクの回避や、業績が悪くても資金調達が円滑に出来る点が挙げられます。

これらのメリットは事業主にとって大きなものばかりなので、ファクタリングが支持されるのも当然といえるでしょう。

ファクタリングのデメリット

便利なサービスにも必ずデメリットが存在するので、利用する前に必ず確認しておきましょう。ファクタリングは自社と売掛金を回収する業者の2社では行えず、必ず間に業者を入れなければなりません。

よって業者利用時に手数料が発生します。期日まで待てば手数料は発生しないので、今ファクタリングで回収するのが本当にベストなのかを見極めなければなりません。

よかれと思って回収した売掛金は未来に得られる資産だったので、ファクタリングを使って受け取る事で更に資金繰りが厳しくなるケースもあるでしょう。そしてもう一つ、問題視されているのが業者を吟味しなければトラブルに巻き込まれる恐れがあります。これらを十分に理解した上で利用して下さい。